「FANZAライブチャット(旧DMMライブチャット)」は稼げるサイト!

「FANZA(ファンザ)ライブチャット」は、
1つのライブチャットサイトとしては、業界最大と言えるサイトであり
アクティブユーザー(登録後に楽しんでいる人)に関しても、最多であると考えられます。



ライブチャットに限らず、サイトのユーザー数というのは「売上」と比例するものであり
「FANZAライブチャット」は、今非常に稼げる(稼ぎやすい)サイトと言えます。

もともとは「DMMライブチャット」として運営されており、すでに人気のサイトでしたが
グループサービスの名称変更に伴い、リニューアルスタートしました。

名称意外は特に変わっていませんが、現在リニューアルキャンペーン等を提供しており
チャットレディに関しても、大幅に在籍数を増やそうとしています。

待遇等もアップしているチャンスであり、この機会に登録しておくことをおすすめします。

>>新たなスタートを切った「FANZAライブチャット」の募集ページへ

「FANZAライブチャット」は「ポケットワーク」からも代理店登録することもできます。

「FANZAライブチャット」の条件

ここでは、「FANZAライブチャット」で働く際の条件を簡単に紹介します。

まず「在宅」と「通勤(チャットブース)」で働くかは、自分で選ぶことができます。

また「アダルト」と「ノンアダルト」に関しても、自分で選ぶことができます。

更に”スマホだけ”でも、仕事をすることができます。

以下は報酬の一例であり、条件によって稼げる額は変動しますが
いずれにしても、他のサイトよりも稼ぎやすい傾向があると言えます。

※画像は「FANZAライブチャット」公式サイトより

ユーザーが多いから「パーティーチャット」で稼ぎやすい

そして、「FANZAライブチャット」稼ぎやすさの秘密が
「パーティーチャット」をしやすい、それによって一気に稼ぎやすいことです。

パーティーチャットとは、その名の通り「複数」でチャットするシステムですが
基本的には、女性(チャットレディ)1人×ユーザー複数になります。

ある意味で、女性の<取り合い>を防ぐためのシステムですが
女性からしてみれば、一気に”指名”が増えることと同じです。

これは「キャバクラ」等ではできない、ネットならではの稼ぎやすさと言えます。

どのライブチャットサイトで仕事をするにしても、
パーティーチャットは大きく稼ぐための、代表的な手段になります。

「自分の裁量」で働きやすいサイト

最近のライブチャットサイトは、「ミックス」と呼ばれる
アダルト・ノンアダルトの区別のない形態をとっているサイトが多いですが、
「FANZAライブチャット」は、

  • ノンアダルトの「おちゃ」
  • アダルトの「あちゃ」

と最初から分かれており、またこれらは登録後に変えることもできます。

更に、人妻(主婦系)として「まちゃ」も用意されており
パフォーマンスの内容だけでなく、年齢に関しても幅広く受け入れてくれるサイトです。

基本的には、パフォーマンスの内容は自分で決めてよいものになりますが
「ノンアダルト」の入り口は別に用意されているため、不安な方はそこから登録しましょう。

>>最初はノンアダルトで始めたい方はこちらから

>>最初から自分の裁量で稼ぎたい方はこちらから

「裁量権」が大きく任されていることによって、
ファンのお客さんがついた後に、その後の展開が広げやすく
何よりも、安心して・気楽に働きやすいメリットであると考えられます。

本気で稼ぐ!ならぜひおすすめ!!

「FANZAライブチャット」は、

たくさん稼ぎたい!

本業にしたい!

といった、<本気度>の高い方にぜひおすすめしたいサイトです。

「FANZAライブチャット」の料金設定(ユーザー向け)は、やや高価になっています。

大規模サイトであることから、宣伝費やサーバー維持費がかかるといった理由もありますが
それでも利用者は増え続けており、本気で楽しみたい!という方が多いことが理由です。

「高くても遊びたい!」と思う人が、利用するハイレベルなサイトです。

ちなみに、ライブチャット業界は老舗が多いことが特徴ですが
「FANZAライブチャット」は比較的新しく、それだけに非常に力を入れています。

そして「在籍数(選択肢)」が多いことも、数あるサイトの中から選ばれる理由です。

これは「ライバルが多い」ということでもあり、だからこそ”本気”の方におすすめなのです。

ライバルに勝ち抜くことで、大きく稼げることも特徴です。
(実際に「稼いでいるチャットレディ」は「FANZAライブチャット」の女性が多いです。)

ぜひ挑戦してみてください。

>>「FANZAライブチャット」に登録して本気でライブチャットに取り組んでみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする