なかなかハイハイできないのは心配するべき?~ハイハイを教えるコツ~

寝返りを打って

首が座って

ズリバイをして

ハイハイをして

やがて立ち上がる

という順番が、赤ちゃんが「二足歩行」をするまでの
順調な過程であると「一般的には」考えられていますが
この一連の順番に当てはまらない赤ちゃんや
どれか1つを「飛び級」してしまう赤ちゃんも珍しくなく
中には、心配しているママもいるようです。

また、子育ての問題に付きまといがちな「言い伝え」
各項目ごとにあり、不安が増してしまうこともあるようです。

ハイハイしないのは問題があるの?

一度は耳にしたことがあるのではないかという「迷信」
「ハイハイは長い方がいい」というものがあると思います。

  • 手足の発達のため
  • 背骨の発達のため
  • 脳の発達のため

様々な理由付けがされており、もっともらしくもあります。

また「ハイハイ時期が長い方が足が速くなる」
というようなことが言われていた時期もあり

「とにかくハイハイさせないと」という気になってしまいます。

立ち上がるのを楽しみにする一方で、
「もっとそのままで」と思っているママも多いようです。

一方で、現実にはいわゆる「ズリバイ」のまま「四つん這い」にはならず
そのまま立ち上がってしまう子も多いです。

そういった場合に「飛び級してしまうと問題あるのでは?」と不安になってしまうようです。

結論から言えば「結果的に歩ける・走れる」ようになれば問題ありません。

基本的には「した方がいい」ことは事実

しかし「しないよりはした方がいい」ことには違いないことも事実です。

上記に挙げたような、ハイハイに関するメリットは事実であり
「期間が長い方がいい」ということもありませんが、
やはり「身体能力」や「骨格の成長」そして「成長の順番」を
考えた際には、一定期間はハイハイ「した方がいい」です。

「しなくても大丈夫」ということも事実であり
「した方がいい」ということも事実でもあります。

「飛び級」してしまっても大丈夫

しかし、しないからといって神経質に心配することもなく「立ち上がった後」
しっかり体を動かす習慣を付けることで、十分に挽回出来ますし
歩き方・走り方が、ハイハイ期が長い子に比べて「おかしい」や
「遅い」ということもなく、「最終的には同じ」となることが多いようです。

大切なことは「周りと比べない」ことであり「無理やりハイハイに戻す」等ということが
最もやってはいけないことになります。

「ハイハイ」を教える秘訣

ズリバイの状態から「手足を垂直に立たせない」とい症状は、非常に多いケースなようです。

そういった場合には、まず「片手を浮かせる」という練習をしていきましょう。

特に、おもちゃ等を「手を伸ばせば届く」距離でママが「空中で」ちらつかせてみます。

片方の手で触ろうとすると、自然と背骨はエビぞりになり
その姿勢を保つには、もう片方の手で支えるしかありません。

自然と、お腹が「地べた」から離れることになり
おもちゃを左右に動かすことで、両方の手を交互に使い始めるはずです。

あまり疲れないように頑張ってみましょうネ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする